会社の沿革

1989年の設立以来、より良い製品とサービスを提供するために、宇聯は工場の移転と2つの拡張を受けました。 カスタマーエクスペリエンスを向上させるために、お客様のニーズを考慮します。2006年にMチームと共同で、継続的に改善し、最高のメーカー賞を受賞しています。

数十年以上にわたる自動化制御の経験により、私たちは個々のニーズに合わせたカスタマイズに注力しており、現在、顧客向けに約1,000の業界ソリューションを提供しています。

CNCコントロールパネル、ハンディMPG、IP67、CEの認定を受けた製品などの継続的な研究開発を行っています。 現在、産業オートメーション、工作機械、産業機械用の産業用PCを開発しました。

IMG-company.jpg
宇聯電子有限会社
時間 成果
2020 宇聯はISO 9001:2015国際規格の認証を受けています!
2018 ニュープレミア!ZETA BOX IPCがまもなく登場します!
2017 ATOMS J1シリーズハンドヘルドペンダントステーション2017ワールドプレミア。
2016 5年連続でベストメーカー賞を受賞しました。
2015 YLDPシリーズハンドヘルドペンダントステーション新発売。
2013 工場を2314平方メートルに拡張しました。
ATOMS P5シリーズハンドヘルドペンダントステーションが新しくリリースされました。
2012 ERPシステムの実装。
コードスイッチ、MPGの設計と製造を開始。
2011 大亜地区の現在の場所に移動しました。
2008 工場を827平方メートルに拡張しました。
2003 宇聯電子有限会社を設立しました。
2000 CNC操作パネルの設計と製造を開始。
1989 会社設立。
専門的に製造された電気キャビネットと回路基板。